【Bijouな和菓子】ガーネット

1月の誕生石、ガーネット。
和名 柘榴石。

ガーネットをイメージした和菓子を作りました。
寒天で作った赤い茶巾です。

ガーネットは多色な鉱物です。
ピンク系のロードライト・ガーネット、
緑色のグロシュライト・ガーネット(ツァボライトとも)、
オレンジ色のマンダリン・ガーネット・・・。
他にもたくさん。

でもやはり「ガーネット」と言えば赤色が思い浮かぶのでは?
それはアルマンディン・ガーネット(アルマンダイトとも)かパイロープ・ガーネットです。
少し暗めな赤色です。

丸みを帯びた四角い結晶が集まった形で産出されることが多く、
それが柘榴の実に似ていることから「柘榴石」と呼ばれるようになったそうです。

柘榴か・・・。
柘榴は手に入らないわぁ・・・。

何か赤い実はないものか。
・・・ということで、クランベリーを使いました。
ドライクランベリーをラム酒に浸けて戻し、細かく刻みます。
それを寒天に混ぜて、赤く着色した白あんを包みました。
サランラップできゅっと絞って固めれば完成。

柘榴みたいな粒々が集まっている感じ、出ていますか?
(中あんを着色しないで白のまま包んだものも作りました。画像奥。)

クランベリーの甘酸っぱさに、ラム酒の香りが加わって大人っぽい仕上がりに。
暖かいお部屋で冷たいおやつをいただくのもいいですね。
お節の後のデザートにちょうど良いかも。

1月の誕生石、ガーネットをイメージした和菓子でしたが、
お正月にも合う和菓子になりました。




タイトルとURLをコピーしました