とらや の 残月

ちょっと前のことですが、銀座のとらやさんに行ってきました。
期間限定の和菓子があって。

ところが私が行けたのは販売最終日の夜19時過ぎ。
残っているわけがないんです。
それでもわずかな希望を胸に、銀座の街を急ぎ足で歩いて向かったのです。

・・・はい、予想通り完売でございました。

しくしくと泣きながらお店を後に・・・。

あれ・・・?何か買って帰ってるじゃない?
そりゃぁ、ね。
お目当ての和菓子が無かったからって、とらやに行って手ぶらで帰ってくるわけないじゃない?

今回買い求めましたのは・・・

「残月」でございます。

残月(こし餡入)
硬めに焼きあげた生姜風味のお菓子です。
明け方の月の趣を表しました。

とらや お菓子のしおり より

定番の和菓子ですね。さっそくいただいてみましょう。
見た目は薄めのどら焼きを半分に折った感じ・・・。

虎屋・残月

一口食べると生姜の香りがふわっと広がります。

虎屋・残月

生地は薄く、硬め。
どら焼きのようなしっとり感はありませんが、生姜の風味とよく合います。
残月をいただくといつも思うのですが、とても懐かしい感じがするのです。
なんででしょう?

そしてあんこが美味しいのはコメントするまでもなく!

実はもう一品(厳密にはもう二品)購入して参りましたの。
それは後日ご紹介♪



タイトルとURLをコピーしました